ホーム » 日記 » 目元の小じわが気になるのにアイクリームが効かないんですけど?

目元の小じわが気になるのにアイクリームが効かないんですけど?

■どうしてブランドのアイクリームを塗っても効かないの?★
いつからか気になり始めた目元の小じわ。20代まではピン!とハリがあったのに、夕方頃になると目元が
どんよりとして、疲れた感じに・・・。この小じわさえなければなぁと思うようになりました。

そこで、目元にアイクリームを塗ってみることにしたんです。一番最初に使ってみたのは憧れのブランドで
たくさんの芸能人も使っているということで購入した「シャネル」のアイクリーム「CHANEL SUBLIMAGE LA CREME」と
いうものでした。

少量なのに4万円近くするこの一品。自分へのご褒美として、香りもいいし・・とイメージだけで購入してしまったものの、
あまり効果がありませんでした。(´・ω・`)ショボーン

そもそも、自分では気づいていないけれど、いろいろ調べてみた結果、敏感肌だったため効かなかったようなんです。
それでは、なぜ敏感肌と目元の小じわが関係あるのでしょうか?

■なぜ敏感肌だと小じわもできやすいの?★
そもそも敏感肌とは、肌の一番表面にあたる角層が荒れてしまった状態で、バリア機能が低下していることです。
この、バリア機能が低下しているので小じわなどもできやすくなってしまうのだそうです。

だから、化粧水や美容液をどんなに塗っても、水分が蒸発してしまい、肌の奥まで浸透しないので、乾いたまま・・・
という「つけた直後だけ潤う」「表面だけ潤っている感じがする」という浅い保湿の繰り返しになってしまうんです。

アンチエイジングや保湿にばかり目がいっていた私は、「敏感肌」に着目していなかったので目からウロコでした。
だから、高いシャネルのアイクリームが効果なかったんですね。

そこで、敏感肌に向けた化粧品が必要というわけです。目元の小じわが気になり始めた方は、実は敏感肌なのかもしれないので、
よかったら参考にしてくださいね♪( ^∀゚)b

肌のバリア機能の代わりをしてくれて、かつ、人間の持つ本来の肌力をアップしてくれる化粧品であることが条件というわけです。

■バリア機能がなぜ小じわを改善してくれるの?★
バリア機能を復活させることが敏感肌に必要だということが分かりましたが、それがなぜ敏感肌の改善につながるのでしょうか?
それは化粧品が「もうひとつの角層」の役割をしてくれるからなんです。

敏感肌用の化粧品が、代わりにバリアしている間に、本来の肌機能が復活するというしくみなんですね。
角層のサイクルが正常なターンオーバーになると、敏感肌が安定した肌になれるんです。

小じわができたのは、自分でも気づかなかった敏感肌に原因があり、皮脂の量や水分の量が少なくなりやすいという
ことです。

年齢のせいだから仕方ない!なんて、開き直りかけていた私も、原因が分かったのでまた美意識も上ってきました。
間違ったコスメ選びをもう一度見直した私の現在の生活をご紹介しますね。

友達の結婚式で、美しい花嫁姿をみては「うらやましいな〜」・・・とタメ息をついていたのですが、
そこで出席していた殿方に声をかけられたり、ちょっと嬉しいこともありました。(+´ ∀`)キラリン

そんなハッピーな日々を運んできてくれた敏感肌用の化粧品については、また詳しくご紹介しますね。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。