ホーム » 日記 » これまでのコスメ選びが間違っていた理由は?

これまでのコスメ選びが間違っていた理由は?

■これまでのコスメ選びが間違っていた理由は?★
目元の小じわが気になって、高価なアイクリームを使ってもちっとも効かなかった私。
「MAQUIA」や「美的」などの美容雑誌をめくっていたら、「小じわ特集」がたまたま載っていて
よく調べていくうちに「小じわが気になるのは実は敏感肌が原因」ということが分かったのです。

敏感肌は、インナードライといわれて、水分蒸発を防ぐために角質が分厚くなっているそうです。
そのため、肌の内側や奥深くは砂漠状態のため、どんなに外側からケアしても潤わないのです。

この状態では、せっかくアイクリームなどの保湿成分を塗っても浸透をブロックしてしまうので、
小じわにも効かないというわけです。

せっかくの美容成分をずいぶん無駄に塗ってきたというわけですね。ガ━━(゚д゚;)━━ン!!
まずは、砂漠のようなお肌を根本から改善することが必要ということです。

つまり、お肌のターンオーバーを正常にすることで、しっかり保湿成分を浸透させる必要があります。

そこで、間違ったコスメ選びを見直したというわけです。とにかく、保湿できるものやアンチエイジングに走っていたのを
肌本来の力を取り戻す、敏感肌改善コスメを使うことに決めたのです。

私と同じように、いろいろコスメを変えても、目元が乾燥する、小じわが改善されない・・・などのお悩みをお持ちの方は
ぜひぜひ、参考にしてみてくださいね♪

■うるおい成分が肌の奥まで浸透する理由は?★
それでは、敏感肌用を改善するために、具体的にどんなメカニズムが必要なのかご説明したいと思います。
敏感肌に最も必要なのは、「外部の刺激から守ってくれるバリア力」なんです。《《0= (゚〇゚)=0》》バリアー!!

つまり、うるおいを与えるだけでなく、保持することなんです。お肌を保護膜でラップすることを想像すると分かりやすいですね。
そうすると、紫外線や乾燥、加齢などの外部刺激をはじいて、守ってくれるというわけです。

この「バリア」と「保湿」両方を行ってくれる敏感肌用化粧品が必要ということなんですね。

ところで、化粧品の保湿成分ってなかなか翌朝までしっとりしてくれなかったり、浸透がいまいちだったりしませんか?
うるおい成分の「セラミド」の粒の大きさをナノサイズ化するなど、浸透力を高めることが大切です。

通常のセラミドは大きすぎて、肌の表面で止まってしまうので、角層の奥まで届くセラミドが入っていることも条件です。

■敏感肌用化粧品を効果的に使うには?★
それから、敏感肌を改善するための化粧品を使うときの注意点もチェックしました。
もう間違ったケアをしたくないので、一番効果的な方法をしっかり学んでおこう!と思ったのです。φ(・ω・ )フムフム

敏感肌のスキンケアに最も大事な道具があります。それは何だと思いますか?道具というと、新しく購入したり、上質なコットンを
使ったりするのかな?と思いませんか。

でも、「手を使う」だけで十分なんです。デリケートなお肌は手でしっかり触ってコンディションを確かめることが大切で、
体温で暖めることで浸透しやすくなるのです。

シンプルな方法ですが、すぐコットンを使ったりバシャバシャつけていたので、反省しました、これからは手のひらでやさしく
包み込むようにケアしようと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。